アトムカンパニー ブログ

Casa BRUTUS 2020年12月号に掲載されました

Casa BRUTUS 12月号にCオーク 189幅 浮造り ホワイトが採用された物件が掲載されました。

 

 

 

 

是非こちらもご覧ください。

 

I'm home 2021年1月号に掲載されました

I'm home 2021年1月号にデックスウッド採用物件が掲載されました。

 

 

 

 

 

こちらもご覧ください。

住宅特集12月号に掲載されました

住宅特集12月号にNオークが採用された物件が掲載されました。

 

 

 

 

ぜひ、ご覧ください。

 

第14回国際ガーデンExpoに出展しております

10/14(水)~10/16(金)の間は幕張メッセで行われる国際ガーデンExpoに出展しております。

 

 

 

昨年も出展させて頂きましたが今年も出展しておりますので

ご来場の際にはぜひ弊社ブースへお立ち寄り下さい。

 

 

 

 

Nオーク採用物件

金沢のマンションのリノベーションでNオーク自然塗料が採用になりました。

 

 

 

貼り方がすだれ貼りと難易度の高い貼り方で印象もいつものNオークとは違って力強い印象を受けました。

設計した建築家は建具の金物の細部にもこだわり建築家のオリジナルデザインです。

 

 

金物も存在感がありシンプルで機能的に感じます。

 

新建築8月号に掲載されました

新建築8月号にCオーク189幅 グレー塗装(特注)が採用された物件が掲載されました。

 

 

こちらの物件は ” architecture photo ” にも掲載頂いているのでこちらもぜひご覧ください。

 

新建築7月号に掲載されました

新建築7月号にDexwood壁板が採用された物件が掲載されました。

 

 

Dexwoodとは木材を高温乾燥処理して木材の内部まで炭化させて木材のデメリットであった狂う、腐れる、縮むと言う欠点を

最小限に抑え込んだ環境配慮型炭化処理木材です。

今回の現場では12x90mmの本実加工されたDexwoodの壁板を内装壁面に全面採用頂きました。

 

採用のポイントは着色ではなく木材を炭化した素材その物の濃淡な色調とその寸法安定性でした。

Dexwoodは用途によって使用する樹種が色々あってフローリング、外部用 ウッドデッキ、ガーデン家具等の強度が必要とされる場合は東南アジア産のメルパウ材、壁板、天井板、軒天、建具等の用途には比較的比重の軽いアメリカ産イエローポプラを炭化処理して使用します。

木材でダークな色調が自然な色合いで出せる樹種は大変貴重で高価な樹種が多くて、どうしても着色塗装で対応するケースが多いのが実情です。

 

 

 

Dexwoodはそんな要求に答えられる新素材です。木は使い込んでこそその価値が出てくると言われています。経年変化で気の艶と風合いが出てきて生活空間に溶け込んでゆくのが天然素材の良さです。10年後この素敵な家が家族の生長と共にどの様に変化するのか今から大変楽しみです。

表参道サロン*掲載ページのご紹介

弊社、表参道サロンにて株式会社家づくりの玉手箱さんのセミナーを開催して頂きました。

 

サロン内の写真も掲載されておりますので是非ご覧ください。

 

表参道サロン*東京セミナー

Casa BRUTUS誌に掲載されました

Vol.239にCフローリング、デックスウッドほか採用物件が掲載されました。
2020年2月号
神奈川県横浜市の個人邸「森に浮かぶ」
設計:SHIP ARCHITECTS 斎藤裕美+平山真

採用されたのはエクステリアにデックスウッド。

床材にCフローリング・チーク、特注でチーク無垢材の階段、チークの照明カバーです。

CONFORT、I'm home誌に掲載されました

CONFORT 2019年12月号 特集「インテリアには木を使いたい」で

弊社製品が紹介されました。

「フローリングは個性で選ぶ時代に」のページで弊社Cフローリング オークが紹介されました。

これとは別物件で「キッコーマン ライブキッチントーキョー(東京都千代田区)」で
弊社Cフローリング・オーク採用された写真も掲載されています。
オーク189mm幅浮造りナチュラルオイル仕上げです。
ここでは200平米ご利用いただきました。

I'm home 2020年1月号 特集「光の質にこだわり明かりを楽しむ」では

コンクリエイト採用の物件が紹介されました。

下の写真の床材はコンクリエイト・ナチュラルグレイです。

また、これとは別に浴室の天井材にデックスウッドが採用された物件も紹介されました。

設計事務所などは掲載誌一覧のページをご覧ください。